ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここから本文です。

Human Development Academy

温故知新塾

日本および日本人のかたち

目的

2016年、元通産大臣で自民党東京都連最高顧問の深谷 隆司先生を塾長にお招きし、
「温故知新塾」を開催いたしました。

2017年、公開講座(有料)として、1月より第二弾「温故知新塾」-日本のかたち その弐-を開催します。

毎月第3月曜日18:00-19:30 全12回の開催を予定しておりますので
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

「温故知新塾」-日本のかたち その弐-
第1回開催日:2017年1月16日(月) 18:00〜19:30
場所:東京都渋谷区渋谷2-10-10
徳真会クオーツタワー10F クオーツギャラリー

[お申込み・お問い合わせ]
TEL.03-6431-9809
株式会社ゼネラル
担当:広報企画部 山口

≫案内チラシ・お申込み用紙はこちら


講師

深谷 隆司先生

(元通産大臣、自民党東京都連最高顧問)


〈経歴〉
1935年生まれ
1963年  27歳で台東区議会議員に当選
1969年  東京都議会議員に当選  33歳
1972年  衆議院議員に当選  37歳
1980年  労働政務次官
1982年  総理府総務副長官
1983年  自民党政務調査会財政部会長
1986年  衆議院逓信委員長
1989年  衆議院外務委筆頭理事、自民党副幹事長
1990年  海部内閣で郵政大臣
1994年  衆議院予算委員会筆頭理事、7月与党院内総務会会長
1995年  自民党都連会長、8月自治大臣兼国家公安委員長
1996年  衆議院予算院長
1998年  自民党三役総務会長
1999年  小渕内閣で通産大臣
2000年  森内閣で通産大臣再任
2004年  東洋大学大学院経済学研究科客員教授
2006年  同大学院公民連携シニアアドバイザー
2005年  9月、5年ぶり再選(当選9回)
      10月衆議院在職25年表彰、肖像画が国会に飾られる
2006年  TOKYO自民党政経塾創立初代塾長
        エネルギー戦略合同部会長
2007年  衆議院テロ対策特別委員長、21年も再選
2010年  (勲一等)旭日大綬章
現在、自民党政経塾塾長、自民党都連最高顧問


開催履歴

第10回 / 2016年10月19日開催

テーマ『憲法問題とこれからの日本』

10/19(水)、徳真会クオーツタワーにて第10回温故知新塾が開催されました。

深谷先生による、温故知新塾が本日10/19日の講義を持って終了しました。
一年間、10回にわたるご講演誠にありがとうございました。

毎月全く異なるテーマにてご講演をいただいた裏には、数知れない研究と努力があったことと想像できます。
大変勉強になりました。

今回のテーマ「憲法問題について」では今話題のトランプ大統領候補の話題から始まり、現代の憲法を取り巻く状況についての講義が行われました。

日本国憲法は当時、アメリカにとって間接統治として導入されたものでありますが、そこから憲法改定においてはタブー視され、触れにくい傾向にあります。

深谷先生は憲法の主な問題を下記のように言われました。
1、家族やコミュニティーの位置づけの欠如
2、国家最大の責務、安全序章に対する欠如
3、国際社会への平和貢献に対する欠如
4、自然環境保護の規定の欠如

では、憲法に大事なことは何か?
深谷先生は歴史を踏まえた国家観、価値観だと言われました。

それは今年10回にわたって行われた国家観養成講座の内容に他ならないもので、温故知新のテーマが今回の憲法問題の課題において結びついたように感じました。

私たち次の時代を生きていく人間にとって、憲法問題は、大きな課題として共存していかなければならないと思います。

来年の第二期からのご講義もぜひよろしくお願いします。

※本講義は終了いたしました。

第9回 / 2016年9月21日開催

テーマ『東京裁判を検証する』

9/21(水)、徳真会クオーツタワーにて第9回温故知新塾が開催されました。

今回は「東京裁判を検証する」をテーマにご講演をいただき、東京裁判の整合性について考えさせられ、そして驚かされました。

東京裁判で犯罪国家と烙印を押され戦前の日本の行為は全て悪行との印象を持たれてしまいまいしたが、裁判は極めて不平等であったことを学びました。
我々は今後この誤りがあったことを知り、伝えていかなければならないと強く感じました。

この度は貴重なご講演をいただき、誠にありがとうございました。

※本講義は終了いたしました。

第8回 / 2016年8月10日開催

テーマ『大東亜戦争の背景』

8/10(水)、徳真会クオーツタワーにて第8回温故知新塾が開催されました。

今回は「大東亜戦争の背景」をテーマにご講演をいただき、大東亜戦争開戦から終戦までの日本と諸外国の経緯について学びました。

日本全体で自国の為、祖国のために考え、行動した姿勢に強く感銘を受けました。また沖縄戦ではひめゆり部隊、勤王隊のお話では、改めて戦争の厳しさをお話しいただきました。
現在は沖縄の基地問題もありますが、今までの経緯や今後の日本の国防を考えていきたいと思います。

この度は貴重なご講演をいただき、誠にありがとうございました。

※本講義は終了いたしました。

第7回 / 2016年7月20日開催

テーマ『日露戦争と大東亜戦争までの歩み』

7月20日(水)、徳真会クオーツタワーにて第7回温故知新塾が開催されました。
今回は「日露戦争と大東亜戦争までの歩み」をテーマにご講演をいただき、日露戦争に至った経緯や戦争過程、その結果と世界情勢について学ぶことが出来ました。
深谷先生もおっしゃられていたように、一つの戦争が新たな戦争の火種となっていったこの時代を理解することで、私たち一人ひとりが戦争のない世界を実現する方法を考えていかなければならないと感じました。
この度は貴重なご講演をいただき、誠にありがとうございました。

※本講義は終了いたしました。

第6回 / 2016年6月15日開催

テーマ『日本のあけぼの 明治維新、日清戦争』

6月15日(水)徳真会クオーツタワーにて深谷隆司先生による温故知新塾が開催されました。

「日本のあけぼの 明治維新、日清戦争」をテーマに明治維新から日清戦争に至るまでの激動の日本について語っていただきました。 当時の歴史だけではなく、仏教の観点など幅広い引き出しからご講義いただきました。

講義の中で、明治維新の陰には多くの人たちの意思や決断があることを知りました。
当時の方に共通するのは「無私」「愛国心」だといいます。
「藩」というくくりにとらわれず、「国」という視野をもって多くの人が動いたそうです。
こういった歴史を知ることで日本人としてのあるべき姿を考えてなければいけないと感じます。

※本講義は終了いたしました。

第5回 / 2016年5月18日開催

テーマ『基本となる教育勅語』

5月18日(水)徳真会クオーツタワーにて深谷隆司先生による温故知新塾が開催されました。

今回は「基本となる教育勅語」をテーマにお話ししていただきました。
教育勅語のお話と武士道のお話の中で、前者では12の徳目、後者では7つの徳目がありました。
どの徳目も、日本人ならではの考えや、現代人に欠けている要素でありましたので、日々生活する中で、徳目を意識していきたいと思います。

※本講義は終了いたしました。

第4回 / 2016年4月20日開催

テーマ『日本の道徳の歩み 神教、仏教、儒教の融合』

4月20日(水)徳真会クオーツタワーにて深谷隆司先生による温故知新塾が開催されました。

今回は「日本の道徳の歩み 神教、仏教、儒教の融合」をテーマにお話ししていただきました。
お話を聞き、今現在の教育や道徳観について考える機会となり、大変貴重な時間を過ごさせていただきました。
普段の生活の中から、社会のため、ひいては国のために行動できるよう、仁や礼等の精神を大切にして過ごしていきたいと思います。

※本講義は終了いたしました。

第3回 / 2016年3月16日開催

テーマ『文字の変化と文明 古事記、日本書紀、万葉集等』

3月16日(水)徳真会クオーツタワーにて深谷隆司先生による温故知新塾が開催されました。

今回は「文字の変化と文明」をテーマに古事記や日本書紀などの古典を例にお話ししてくださいました。
文字の変化からも異文化を取込、独自に文化を発展させてきた日本人の多様性を知ることができました。
私たちも古典を読み、歴史を知ることで日本人としてのあるべき姿を考えてなければいけないと感じております。

※本講義は終了いたしました。

第2回 / 2016年2月17日開催

テーマ『全体としての日本人像』

2月18日(水)徳真会クオーツタワーにて深谷隆司先生による温故知新塾が開催されました。

第二回目の今回は、歴史からみる日本人の性質についてお話しいただきました。

日本の特性として、中国や欧米の文化や宗教を自由に摂取できることでの柔軟性や、手の抜けない仕事である稲作に取り組んできたことによる勤勉さを上げられていました。

私どもの母国、日本の歴史を知ることで、自分たちを客観的にとらえて指針とすることで、今後どのように生きてくのかしっかり考えていきたいものです。

※本講義は終了いたしました。

第1回 / 2016年1月20日開催

テーマ『温故知新塾とは何か 論語について』

東京青山の徳真会クオーツタワーにて深谷先生による温故知新塾の第一回目の講義が行われました。
講義の開始際に、君が代斉唱や五誓の唱和など身が引き締まる思いで受けさせて頂きました。
また講義の中で、『御縁』というテーマがあり、深谷先生が挨拶をする中で入念な準備が必要という理由について、御相手のお時間を頂いて挨拶を行うので入念な準備をしているというお言葉と、深谷先生が今までの国家観養成講座等の講義においても、原稿を作成し、入念な下準備をして臨んでいる。という事を理事長が仰っていた事を思い返し、いかなる時も入念な準備をして物事にあたる必要があると感じました。

※本講義は終了いたしました。

ここで本文終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。