ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからメニューです。

メニューをスキップするリンクです。

Tokushinkai Group Recruting 2018 歯科医師採用プロジェクト

ここでメニュー終了です。

ここから本文です。

HOME > 徳真会の考える歯科医療の未来 > 世界に問う「メイド・イン・ジャパン」の歯科医療

世界に問う「メイド・イン・ジャパン」の歯科医療

徳真会が考える歯科医療の未来

“日本発”の高品質な歯科医療を世界に向けてアピールしていきます。

あらゆるサービスや商品に対して、利用者が厳しい目を向ける日本では、クオリティやコストパフォーマンスに優れたモノづくりがおこなわれてきました。産業の空洞化が叫ばれ、技術供与の形で貴重なノウハウが海外へ流出してしまっている現在、世界に誇る「メイド・イン・ジャパン」ブランドを復活させるべく、多くの産業分野で国際競争力を高める企業努力がおこなわれています。

ところが、歯科医療についてはどうでしょうか。
前述のとおり、歯科医にとって重要なパートナーであるはずの歯科技工が軽視され、チーム医療で臨むべきメンバーが、それぞれの利益や立場にばかり捉われてしまい、最優先されるべき患者さまの満足度にまで影を落とすという結果に陥ってはいないでしょうか。

「メイド・イン・ジャパン」が世界に誇れるブランドとなった大きな要因のひとつには、日本人の勤勉さ、手先の器用さ、品質に向ける視点など、技術力に直結する素養・ポテンシャルが挙げられます。歯科医療においても、世界標準の医療意識をしっかりと把握しながら、日本だからできる高品質なサービスをさらに追求し、それを世界に向けて発信していくことが求められていると考えます。

世界にも誇れる最先端の医療環境を完備。

グローバルな視点を持った歯科医師の市場価値はますます高まっています。

「歯科医療にも国際競争力を」。徳真会グループでは、日本、アメリカ、中国、シンガポール、香港の5か国にクリニック47か所(直営31、海外11、提携5)を展開。ワールドラボは国内に新潟・大阪・仙台・東京、米国、上海、ミャンマーの生産拠点の他に、米国、英国などに新たな営業拠点を築き、世界各国から歯科技工物製作を請け負っています。

“患者さま志向”という一貫したスタンスのもと、当グループの技術、さらに医療に対する意識を国内外の拠点において標準化しています。一方で市場性や保険制度、生活者の所得など各国ごとの事情に合ったサービスを提供するために、現地クリニックとのパートナーシップによる経営を展開。さらに、たとえばクオリティ重視ならば欧米、コスト重視ならアジアというように、患者さまの多様なニーズやマーケットに対応できるノウハウを、当グループ内に構築できるメリットもあります。

国際的な視野をもった医療スタッフの育成にも注力。世界を舞台に活躍できるチャンスも。

これからの歯科医師にとっても、専門技術を高めるだけでなく、グローバルな視点を持って医療に従事する意識が求められます。日本人らしいきめ細やかさ、柔軟さ、礼節を大切にしながら、世界標準の医療を提供していくことで、未来の歯科医療に求められる素養をしっかりと身につけることができます。
また歯科医師自身が「海外で活躍したい」という夢を実現するフィールドが徳真会には広がっています。そのための、語学やグローバル感覚を身につける教育研修も充実しています。あなたが国際競争力を備えた専門医として活躍するチャンスをサポートしています。

ここで本文終了です。

ここからフッターです。

ここでフッター終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。