ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからメニューです。

メニューをスキップするリンクです。

Tokushinkai Group Recruting 2018 歯科医師採用プロジェクト

ここでメニュー終了です。

ここから本文です。

HOME > 徳真会のひと > 岡田 常司

徳真会のひと | 専門医

東京医科歯科大学インプラント治療部非常勤講師 日本口腔インプラント治療学会専門医/岡田 常司

東京医科歯科大学の石川烈先生のご紹介から、徳真会グループでインプラントの専門医として、研修や治療に携わらせていただいています。

インプラントそのものは、10年くらい前から一般の方にも認知されるようになり、この数年で非常に治療を希望される患者さまも増えています。

私がこちらの研修で教えているのは、そうした基本的な歴史から、治療の流れ、手術の模型実習、補綴を入れる実習。また技工や、衛生士さんとの連携、メンテナンスをどう行うかなど、診療に必要な一通りの知識を教えています。あとは実際に私の担当する手術に最初はアシスタントとして入っていただいて、シンプルなケースなどは実際にやっていただく。そんな流れで覚えていただいています。


歯科医師にとって厳しい時代だと言われていますが、その中で長く現場で活躍するためには、一般診療の技術をしっかりと身につけながらも、何か一つでも自分の得意分野を持つことが重要ではないかと考えています。そして専門性分野をもつ歯科医師たちが連携をして、患者さまのあらゆるニーズに応えていく。普通の歯科の知識で対応できる診療は全体の7割程度でしょうから、残りの3割は得意な先生に任せてしまう。症例やニーズが多様化する中、こうしたチーム医療の考え方はますます大切になってくると感じています。その意味で、徳真会さんのような大きな組織というのは非常に大きな強みを発揮してくるのではないかと思いますね。


徳真会グループの社外専門医となって3年ほど経ちますが、私が最初に驚いたのは、やはりスケールの大きさです。一つひとつの診療所そのものも大きいですし、設備も充実している。また、これほど世界的な展開を視野に入れている歯科グループということで、お声がけいただいた時は「私で大丈夫かな」と正直思いましたが(笑)。

これから入られる歯科医師の方にとっては、こうした環境は生かすも殺すもやはりご本人次第だと思いますね。様ざまな知識をもった歯科医師の方がたくさんいらっしゃいますし、それぞれの知識を歯科医師に与えてもらい、また自らも与えることで、組織はもっともっと成長すると感じています。積極的に学ぶ姿勢というものを大切に、ぜひ頑張ってほしいですね。

PROFILE

  • 1994年
    岡山大学歯学部 卒業
  • 1995年
    東京医科歯科大学歯周病科 入局
  • 1996年
    東京医科歯科大学インプラント科医員 就任
  • 2003年
    東京医科歯科大学インプラント科非常勤講師 就任
    眞坂歯科医院勤務
  • 2010年
    眞坂歯科医院院長 就任

徳真会グループでは現在、インプラント専門医として立川診療所(東京都・立川市)、駒込診療所(東京都・豊島区)、新津診療所(新潟県・新潟市)で診療を担当、グループ内の研修や実習の講師をご担当いただいています。


ここで本文終了です。

ここからフッターです。

ここでフッター終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。