ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここから本文です。

Recruit

(株)ゼネラルスタッフ

人とクリニックのマネジメントで、歯科の未来を変える。

プログラム名称

医療法人徳真会新津診療所臨床研修プログラム

研修プログラムの理念と特徴

1.理念
「医療は人なり」という基本概念のもと、臨床実習を通して歯学教育の一翼を担い、地域に根ざした診療所として地域住民の要請にあった先端の医療技術を提供する。さらに高度な診療能力を身につけ、住民、国民の高度な要望に応えられる専門性豊かな資質の高い全人的医療人を養成する。

2.特徴
幅広い基本的診療能力(知識・技術・態度・情報収集・総合判断)を身につけることができる診療参加型の研修である。即ち、日常の診療で頻繁に遭遇する症例や地域特有の歯科医療、コデンタルスタ ッフとの恊働、各分野の専門医を中心とするチーム医療等、様々な歯科医療形態を学ぶことができる。


医療はひとなり      診療理念


研修のねらい

  • 1.歯科医師として好ましい態度・習慣を身につけ、患者およびその家族とのより良い人間関係を確立する。
  • 2.全人的な視点から得られる様々な医療情報を理解し、それに基づいた総合治療計画を立案する。
  • 3.歯科疾患と障害の予防および治療における基本的技術を身につける。
  • 4.一般的によく遭遇する応急処置と、頻度の高い歯科治療処置を確実に実施する。
  • 5.歯科診療時の全身的偶発事故に適切に対応する。
  • 6.自ら行った処置の経過を観察、評価し、診断と治療に常にフィードバックする態度・習慣を身につける。
  • 7.専門的知識や高度先進的歯科医療に目を向け、生涯研修への動機付けを高める。
  • 8.歯科医師の社会的役割を認識し、実施する。

TechnicalSkill ManagementSkill
Technical Skill Management Skill
   
GlobalSkill HumanSkill
Global Skill Human SKill
   

研修目標

自らが確実に実践できることを目標とする研修と補助や見学を通して症例を体験し、臨床研修終了後に熟達することを目標とする研修の2つがある。
前者は「基本習熟コース」、後者は「基本習得コース」である。

1.歯科医師臨床研修「基本習熟コース」

【一般目標】
患者の立場に立った歯科医療を実践できるよう、適切な医療面接および検査、診断を行い、効率的な歯科治療計画を立案し、円滑で安全な歯科医療を実践する。

【行動目標】
1)医療面接
患者とコミュニケーションをとり病歴、心理、社会的背景を聴取する。患者の自己決定権を尊重しプライバシーを守る。

2)総合診療計画
基本的な診療、検査を実践し、得られた情報から診断する。適切と思われる治療法および別の選択肢を提示し、十分な説明による患者の自己決定を確認する。

3)予防・治療基本技術
基本的な予防法、治療法の手技を実施し、医療記録を適切に作成、管理する。

4)応急処置
疼痛に対する基本的な治療を行い、修復物、補綴装置等の脱離と破損および不適合に対する適切な処置を実施する。

5)高頻度治療
一般的な歯科疾患に対処するためにう蝕、歯髄疾患、抜歯、咬合および咀嚼障害の基本的な治療を実践する。

6)医療管理・地域医療
保健医療、チーム医療を実践する。

2.歯科医師臨床研修「基本習得コース」

【一般目標】
生涯にわたる研修を行う為に、より広範囲の歯科医療について知識、態度および技能を習得し、社会に貢献できるようにする。

【行動目標】
1)救急措置
全身疾患を有する患者の歯科診療上のリスク、歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明でき、一次救命処置を実践する。

2)医療安全・感染予防
医療安全対策を説明でき、院内感染対策を説明する。

3)経過評価管理
リコールシステムの重要性を説明し、治療の結果を評価、予後を推測する。

4)予防・治療技術
専門的な分野の情報を収集し、体験する。POS (Problem Oriented System)に基づいた医療、EBM (Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。

5)医療管理
歯科医療機関の経営管理を説明でき、適切な放射線管理を実践する。医療廃棄物を適切に処理する。

6)地域医療
地域歯科保険活動、医療連携を説明する。

研修プログラムの概要

平成30年度医療法人徳真会(以下「徳真会」と記す)新津診療所臨床研修プログラム

1.プログラム責任者 坂ノ上 隆晃

概要
1)研修期間は平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間とする。

2)上記4パターンのいずれかの日程で研修を行う。

3)当院での研修期間中は主に後出の「研修内容」にある臨床前研修、補助研修、総合技術研修、患者技工研修、専門医研修、症例発表を行う。

4)協力型研修施設での研修期間中は、全身管理研修を主に行う。

研修内容

1.徳真会新津診療所臨床研修プログラム

1)臨床前(ポリクリ)研修
研修歯科医オリエンテーション(半日間)

  • (1)徳真会について(紹介ビデオ)
  • (2)プランニングカード記載のレクチャー
  • (3)電子カルテ入力のレクチャー
  • (4)次回メモの見方・記載のレクチャー
  • (5)朝のカルテ予習のレクチャー
  • (6)終業時のカルテチェックのレクチャー
  • (7)自費・技工および技工物の取り扱いについて(価格、当日の技工物のチェック)のレクチャー
  • (8)朝礼のレクチャー

2)補助研修
専門医、指導医、あるいはベテラン歯科医の診療補助をしながら、患者への対応、臨床診断、治療計画の立案を学ぶ。

3)総合術者研修
徳真会新津診療所での一口腔単位の総合診療を指導歯科医の指導のもと行う。

4)患者技工研修
専門医、指導医、あるいはベテラン歯科医担当患者の技工物を製作する。

5)専門医研修
少なくとも1ヶ月に1回、専門医や施設内・外の講師による歯科臨床研修に関するセミナーを受講する。

6)症例発表
研修期間中に担当した少なくとも1症例の発表を行う(PCを使用)。

研修歯科医の指導体制

1.管理・運営
歯科医師臨床研修管理委員会を設置し、プログラムの管理・運営を行う。

<構成>  
理事長   松村 博史
エリア長   山田 哲也
医局長   坂ノ上 隆晃(プログラム責任者)
事務責任者   上杉 慶介
マネジメントリーダー   高橋 沙季
人材開発   田中 優一朗
協力型研修実施責任者   山口 博康

2.研修管理委員会の主な業務
歯科医師の卒後の臨床研修に関する重要事項を審議決定する期間として、歯科医師臨床研修委員会を置く。円滑で効果のある臨床研修を行うために年に2回の研修管理委員会を開催し、研修評価を行い、それに基づいて研修プログラムを協議、計画を立て、必要な研修を行う。
更に歯科医師臨床研修委員会では臨床研修の指導、監督及び到達目標への達成度、採用、中断、修了の評価についても具体的に検討するものとする。

3.指導体制と医療事故への対応
管理型研修施設及び協力型研修施設における指導歯科医のもとで、基本的な知識、手技並びに全身的な治療管理を習得させる。
また、医療事故への対応については、診療に関わる医療事故の主たる責任は主治医が負うが、研修歯科医は受け持ち医として、重大な事故発生の場合は、直ちに指導歯科医に連絡し、その指示を仰ぐものとする。

4.指導歯科医
本施設における指導歯科医は、5年以上の臨床経験を有するもので、日本歯科医学会・専門分科会の認定医・専門医の資格を有し、一般歯科診療について的確な指導ならびに適正な評価ができ、厚生労働省が示している指導歯科医講習会の受講をしていること。
また、7年以上の臨床経験を有し指導歯科医師講習会の受講をしている者とする。上記いずれかの条件を満たすものを指導歯科医とする。

施設概要

1.医療法人徳真会 松村歯科新津診療所

1)施設名  医療法人徳真会 松村歯科 新津診療所
2)所在地  新潟県新潟市秋葉区美幸町3−1−12−2
3)管理者  坂ノ上 隆晃
4)研修プログラム責任者  坂ノ上 隆晃
5)指導歯科医  坂ノ上 隆晃  山田 哲也  児玉 臨麟 石田 潤
6)外部専門医・指導医  岡田常司先生(インプラント)、山口博康先生(歯内療法)
7)事務担当者  上杉 慶介
8)設備  ユニット17台
9)スタッフ数  歯科医師:8名 歯科衛生士:9名 歯科助手:9名 歯科受付:4名
10)施設の特徴  http://www.tokushinkai.or.jp
2−1.協力型研修施設
1)施設名  医療法人徳真会 松村歯科 新潟診療所
2)所在地  新潟県新潟市西区小新5−6−9
3)研修実施責任者  山田 哲也
2−2.協力型研修施設  
1)施設名  鶴見大学歯学部付属病院
2)所在地  神奈川県横浜市鶴見区鶴見2−1−3
3)研修実施責任者  山口 博康

研修評価と修了認定

歯科医師臨床研修委員会により、プログラムの評価項目についての研修歯科医の自己評価及び指導歯科医による客観的評価に基づき、当初の到達目標に至ったか否かを討議する。
最終的に歯科医臨床研修管理委員会が研修修了を認定し修了証を授与する。

研修歯科医の募集および採用方法

1.処遇について

1)職名  臨床研修歯科医
2)常勤・非常勤の別  常勤
3)給与  月給 230,000円
4)通勤手当  実費支給
5)賞与、時間外・休日手当等  なし
6)勤務時間  早番 08:30〜18:00(休憩90分)
 遅番 11:00〜20:30(休憩90分)
 ※但し、研修医が自主的に行う研修についてはこの限りではない。
7)休暇  週休2日(ローテーションによる)
 有給休暇 6ヶ月以上勤務した場合 10日
8)宿舎  なし(場合による)
9)施設内控え室等  1室
10)公的医療保険  全国健康保険協会
11)公的年金保険  厚生年金
12)労災保険  あり
13)雇用保険  あり
14)健康管理  あり
15)歯科医師賠償責任保険  施設加入(個人として加入義務あり)
16)学会・研究会等への参加  可(費用支給はなし)
17)勤務地  新潟県新潟市秋葉区美幸町3−1−12−2

※協力型研修施設における処遇については、協力型研修施設独自のものとする。

2.採用方法

1)募集定員   4名
2)出願書類   履歴書、健康診断書、健康診断書、成績証明書
3)選考方法   面接及び書類審査で採用を決定する
  尚マッチングによる採用も行います
4)募集期間   2017年8月1日〜2018年3月31日


これから研修医になる皆さまへ 研修プログラム(HDA)
募集要項 募集要項
専門医のご紹介 先端歯科医療研究所


お電話でのお問い合わせ・資料請求について

〒956-0023
新潟市秋葉区美幸町3-2-25
医療法人徳真会グループ 新津本部
人事部
担当:上杉
TEL:0250-25-2016/FAX:0250-24-7555
E-mail:k-uesugi@tokushinkai.or.jp

ここで本文終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。