×
close

歯科用CT

従来のパノラマレントゲン写真に比べ、
画像による診断能力が飛躍的に
向上しました。
今までより安全で確実な治療が行えます。

CT導入によって
診断の適応範囲が拡大

インプラント治療、埋伏歯(歯肉や骨などに埋まっている歯)の位置確認、嚢胞(歯の根の先にたまっている膿)の診断、根管治療などに適応可能。

症例内容によっては
保険適応も可能

埋伏智歯(歯肉や骨などに埋まっている親知らず)、顎関節、腫瘍、嚢胞(歯の根の先にたまっている膿)など。