×
close

インプラント治療とは

患者さまのお口の状態によってはインプラント治療が行えない場合もございますので、歯科医師にご相談ください。

インプラントとは、歯が失われた部分の
骨の中にチタン製の人工の歯根を埋め込み、
その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

インプラントに使用されるチタンは、安全な素材といわれ、身体との相性がとても良く、アレルギー反応を起こしません。また、副作用もほとんどありません。世界的にもインプラントの効果が実証され、成功率は約95%だといわれています。自分の歯とほぼ同じように食べ物をかめますし、他の治療方法と比べ、見た目も天然の歯に一番近づけることができるため、機能性や、見た目の両面で優れています。歯が抜けてお困りの方、ブリッジに違和感がある方、入れ歯でお悩みの方に最適な治療法です。

歯が抜けてしまった患者さまへ

歯を抜けたままにしておくと、
体全体にさまざまな影響を及ぼします

年齢を問わず、歯を抜けたままにしておくと、お口の中だけでなく体全体の美容や健康、治療費の増加などさまざまな影響が出てきます。

詳しくはこちら

歯が抜けてしまった際の3つの治療方法

年齢を問わず、歯を抜けたままにしておくと、お口の中だけでなく体全体の美容や健康、治療費の増加などさまざまな影響が出てきます。

詳しくはこちら

まつむら歯科 立川診療所で行う
インプラント治療の特徴

Point01

専門医による治療が可能

まつむら歯科 立川診療所では、専門性の高いインプラント治療にも対応できるよう、インプラント学会の指導医/専門医の資格を持つ歯科医師が治療を行うことが可能です。 また、徳真会グループの歯科医師への教育も行っていただいており、患者さまにより安心して治療を受けていただける準備を整えております。

指導医・専門医・認定医のご紹介

Point02

カウンセリング

治療の種類や治療をどのように行っていくのか、また手術後の影響など、患者さまの不安やお悩みも含めて、時間をかけてお伺いさせていただきます。
歯科医師に対して、診療台の上では聞きづらい悩みや不安など、なんでもスタッフにご相談ください。歯科医師と患者さまがお互いに理解し合った上で、診療を行えるよう配慮しております。

Point03

院内感染予防

まつむら歯科 立川診療所では、アメリカ厚生労働省疾病管理予防センターより出されたCDCガイドラインのスタンダードプリコーションに基づいて、患者さまの安全を守るために世界標準の院内感染予防に取り組んでおります。医科の外科室レベルの感染管理を行っており、大規模に不潔域と清潔域の部屋を分けて、徹底した感染管理を行っております。機材も大学病院で使用されているウォッシャーディスインフェクターや滅菌機を導入し、消毒滅菌処理を行い、患者さま一人ひとりに安心の機器を用いて診療を行わせていただいております。

Point04

麻酔専門医による麻酔も可能

通常のインプラント手術では、むし歯の治療を行う際と同様の部分麻酔で十分です。しかし、難しい症例で手術時間が長くかかる場合や、普段かなり緊張されるタイプの患者さまは、静脈内鎮静法麻酔をおすすめいたします。
麻酔により、手術中のストレスなどを軽減することが可能です。

手術後も麻酔による影響がなくなるまで歯科医院にて安静が必要となります。
ご自身でのお車の運転や電車による通院をひかえてください。可能でしたら、ご家族の方とご一緒にお越しください。
麻酔専門医が麻酔を行いますので、別途治療費がかかります。

Point05

安心の3年補償

決して安いといえないインプラント治療ですから、耐久期間を心配されるのはもっともです。わかば台デンタルクリニックでは3ヶ月に1度のメンテナンスを始め、予防プログラムに基づいたアフターケアをご提案。定期メンテナンスをきちんと行われてもインプラントに不具合が生じましたら3年間は無料で補償させていただきます。

インプラントの治療費
について

必ずカウンセリングにてお見積りをご確認いただいた上で、治療に入ります。

インプラント治療を行う前は患者さんの要望や、診査診断の結果をもとに治療期間や治療にかかる費用をご説明し、同意を頂けてから治療を行います。
そのため、治療費についても患者さまの口腔内の状態によって変化いたします。

基本的な費用はこちら